温かみのあるおもちゃ

子供に与えるおもちゃは、市販されているモノを購入して与えるのもアリですが、幼稚園・保育園では、必ず、手作りしたおもちゃを与えています。
しかも、子供たちの自作であれば、愛着もわくようで、長く楽しむ子供の姿があります。
最近では、飽きやすく、キレやすい、そうした感情の起伏の激しい子供の問題が話題を集めています。
大人ならば、大人買いができますが、子供にはそれが叶いません。
もちろん、何でもかんでも買い与える親も少なからずいるでしょうが、こうした場合には飽き性になりがちです。
与えるだけで温かみがありません。
ですから、幼稚園・保育園では温かみを感じるために、子供たちでおもちゃを手作りさせます。
大人買いができないけれど、欲しいモノもあるでしょう。
欲しいモノを作ってみることにより愛着が生まれるといいます。
手先が器用になる子供も少なくありませんし、想像以上のクオリティになったり、造作することで想像力が豊かになるといわれています。
工作もそのひとつ、例えば、昔ながらのおもちゃは、今の子供たちにとっては新鮮味があるといいます。
大人が昔懐かしい玩具に関心があるのと同じで、子供も今とは違ったモノに興味があるようです。例えば、竹馬や剣玉などが一例です。
今でいうなら、自転車やヨーヨーなどが似ているおもちゃでしょう。
竹馬は体重移動によって前進したり、後退したり、自分の足のように操作するのですが、このおもちゃは身体をフルに使います。
運動能力まで鍛えることができます。
剣玉も剣先に玉を挿すだけのシンプルな遊びです。
最近のヨーヨーは光ったり、紐を操ることができたりしますが、剣玉遊びでは技を決めることができます。
色んな技を駆使するのですが、同時に身体をフルに使うため、パフォーマンスが向上するといわれているおもちゃです。
リズム感やバランス感覚、こうした身体遊びができることも、これから成長する子供には必要になるでしょうから、おもちゃは手作りしましょう。
キッズラボラトリー クーポン