浮気して交際を解消することに至った場合

夫婦の場合は数十万円~300万円ほどと言わることが多いので、婚約・事実婚のほうが相場は低めになる傾向がありますが、恋人としてどんな付き合いをしてきたかや、浮気された側の精神的苦痛の度合いによっては、高額な慰謝料が認められることもあります。

何はともあれ、まずはどんな条件が揃えば「2人は婚約中である」ということになるのか、慰謝料を請求するために必要なポイントを中心に解説していきます。しかし、相手と話し合いが成立しない・でも慰謝料はどうしても請求したい!という思いがあるなら、婚約中の浮気でも次の流れで裁判を起こすことができます。

そもそも夫婦間で浮気をした場合に慰謝料請求ができるのは、“浮気によって夫婦の婚姻生活の平穏が壊されたから”なのです。さらに、もう一つの例外として、あなたが交際相手と既に婚約をしていた場合には、婚約者および浮気相手に対して、慰謝料を請求することができます。これは、婚約関係という法的に保護されている関係を浮気によって壊した、という解釈ができるからです。浮気 慰謝料 恋人

したがって、道徳的には責められるべきものであるとしても、恋人同士は基本的には自由恋愛であり、法の規制が及びません。浮気をしたとしても直ちに違法とはならず、慰謝料を請求することはできません。

カップルの浮気は、道義上、非難される行為であるけれども、だからといってそれが法律に違反する行為というわけではないと言っています。

(とくべつな約束も何も無い状態で)単に交際している相手の浮気について、法律に基づく慰謝料支払い義務は認められないと考えられています。