桑の葉の糖尿病サプリメント

糖尿病サプリメントとして古くから使われてきたものが桑の葉です。DNJという成分が桑の葉には含まれていますが、これは糖の吸収を穏やかにするものです。炭水化物は小腸では二糖類の状態で存在していますが、吸収される時は単糖類です。DNJは二糖類を単糖類にする働きを阻害する働きがあるため、吸収ペースが非常にゆっくりになるのです。各種のフラボノイド、ビタミン、ミネラル、食物繊維なども、桑の葉サプリメントからは補給ができます。食後に桑の葉サプリメントを使うことで、食事後の血糖値の上がり方をゆっくりにしたり、中性脂肪値があがないようにすることができます。糖尿病対策には、桑の葉のDNJを抽出して錠剤にしたサプリメントがあります。桑の葉は、人によっては苦手と感じる風味があるため、飲み続けることが難しい場合があります。サプリメントであれば、風味はごくわずかです。複数の桑の葉茶を実際に飲んでみて、好みのブレンドのお茶を選ぶというやり方もいいかもしれません。糖尿病対策では、桑の葉サプリメントは食前に摂取し、小腸の酵素の働きをブロックするようにします。日頃から桑の葉茶を飲んでいるというのもいい方法です。糖尿病サプリメントは、まだ疾患が本格的になっていない人にとっていいものです。