一度だけで白さが続くなら申し分ないのだけれど

歯のケアにあたり、私はホワイトニングしか行ってきませんでした。
真っ白な歯といえば健康の象徴という気がしていました。
ですが、どんなに見た目だけ白くなっても、歯に負担をかけすぎてしまって、歯茎は弱くなっていきました。
ちゅらトゥースのことばかりで、歯茎のケアができていなかったのです。
他のことを考えずにステインのケアばかりしすぎたので、歯茎が次第に弱くなっていくことに気付かず、アイスや冷たい飲み物などを口にすると、沁みてしまうような歯茎になってしまったのです。
また、研磨剤未使用のホワイトニングもしておけばよかったと今は思います。
せっかく治療を終えたのに全然白さが長続きしなかった、などの失敗談もちゅらトゥースに関してはたまに聞かれます。
ステインのケアの方法や本人の状態にもよりますが、数か月もすればまた黄ばんでしまうのです。最も高い効果を求めるなら、審美薬用でちゅらトゥースを受けるのが一番ですが、白くする方法や、いつまで白い歯でいられるのかなどを確認して、治療に入るという手順を踏みましょう。
研磨剤未使用が気になるので薬用ホワイトニングも並行して受けたいという人は、どちらの症例数も多く、評判も良いクリニックを探してください。前から歯の黄ばみが気になっていました。そんなとき、便利なちゅらトゥース用消しゴムを見つけ、早速買ってしまいました。消しゴムの使用は1週間に一度くらいに留めるようにとパッケージにも書かれていましたが、簡単に歯が白くなるとあって、二日に一度は使っていました。
消しゴムはあくまで表面を削っているにすぎず、頻繁に使用すると歯を傷付けるばかりか、内部組織が露出することで却って黄色く見えたりすることを知った時には後の祭りで、不注意だと歯医者さんに叱られました。
私は少し前に薬用ホワイトニングを受けたばかりで、歯に負担をかけていたことも、余計に歯を痛める原因になったのでしょう。ちゅらトゥースが最近話題ですね。
歯の黄ばみなどを落とし、白い歯を実現できるのが特に若い女性にとっては魅力的なのでしょう。しかし、体質や生活環境によっては、なかなか白くならない人もいます。思った通りの白さを出すのが難しいという点も、難点と言えるでしょう。
美容を考える上で、歯は最も目立つ箇所の一つですから、美容を専門としている審美薬用の先生に相談し、要望をしっかり伝え、施術の内容や方針を話し合っていきましょう。また、研磨剤未使用が良くない人は、ステインのケアと同時に薬用ホワイトニングを受けてもいいでしょう。