ポチ袋は江戸時代から始まった

ポチ袋のポチとはどういう意味を落とし玉などを入れる袋をポチ袋と言います。
この土地は一人ぼっちこれぽっちなどのぼっちと同じものぼっちという言葉は元々は雨だれが開けた小さな穴を意味しそれが10を意味するようになりやがって小さい少ないということを指すようになりました。
江戸時代ではすでにご祝儀袋の事ポチ袋と呼んでいました。
ではこの袋が普通の封筒に比べて小さいからポチ袋なのかというとそういうわけではありません。
昔の人はこれぽっちですが喜んで頂けましたらという気持ちを込めてご祝儀を相手に渡していました。
つまり袋に入った金額がこっちだったのです。
無論お年玉として子供に渡す金額も昔はほとんど小学でした。
鼻の穴が二つある理由。
もし鼻の穴がひとつだけだったとしたら空気を吸い込んだ時その桐生は乱流となって肺への移動が円滑に進まなくなると言われています。
また空気を吸い込む際に大きなエネルギーが必要となり呼吸自体が相当体力を消耗する作業になってしまうそうです。
鼻の穴がひとつしかないとうまく臭いを嗅ぎ分けられないとも言われています。
一つの穴に様々な臭気が流れ込んでくると嗅覚がグンと落ちるのだとかさらに当然のことですが鼻の穴が一つだと風邪ひきなどで詰まった時もうお手上げです。
二つあるからこそ片方が詰まってももう片方から呼吸ができるのです。