すき焼きの名前の由来がすごかった

この立て札がエチケットで礼儀作法意味するエチケットという言葉の語源だそうです。
茶道ではなぜ茶碗を回すのかそもそも茶の湯はお茶を飲みながら和菓子を食べるだ 。
押してはありません主催者である亭主の思考や道具の取り合わせ床の間の掛け軸などそこにあるすべてのものを楽しむ総合芸術を味わう催しなのです。
茶碗を回すのもその一環で茶碗をよく見てその良さを味わうという意味が込められています。
なお茶道で使う茶碗は正面が決まっています表面に模様のある方が正面で茶道では茶碗を回してわざと正面を下げてお茶を飲みますこれには亭主に対する謙遜の気持ちを表すという意味があるのだとかまた茶碗を細かく回すのはより丁寧な動作をすることで心のゆとりを表しているのだそうです。
すき焼きのスキーは農具の好きから来ているすき焼きの語源はもともと江戸時代に農夫たちが仕事中に腹が減ると農具のすきの金属部分を鉄板の代わりにして魚や豆腐を焼いて食べたことからスキヤキと呼ばれるようになりました